Arduino UNO互換機をパーツから組み立ててみる

スポンサーリンク

こんばんは。

下手の横好きに電子工作を細々と嗜んでいるのですが、日ごろ利用しているArduino UNOを0から自作してみようと思います。

もともとArduinoはAVRと呼ばれるマイコンを利用した学習用のボードで、回路自体はオープンソースで公開されています。(Amazonなどで互換機が安く売られているのも、そのためです。)

せっかくのオープンソースなので、1つ1つのパーツから組み立てれば、より回路の仕組みが理解できるかと思います。

まーさっそく、必要なパーツですが、秋月電子に「作って遊べるArduino互換機パーツセッArduino」(基盤は含まれていませんn)が売られています。

スポンサーリンク

これは、「作って遊べるArduino互換機」の書籍に付属する基盤に必要なパーツをセットにしたものです。(書籍には基盤だけ付属しています。)

Arduinoをより理解するために上記の書籍と「作って遊べるArduino互換機パーツセット」を購入すればArduino互換機が作れます。

書籍を購入せずとも秋月電子で基盤も販売されているので、問題ありません。

以下が必要な部品リストになります。
(すべて秋月電子通商の通販で購入可能です。)

部品名 個数 価格
ATMEGA168/328用
マイコンボード(I/Oボード)
1 150円
AVRマイコン
ATMEGA328P-PU
1 230円
FT232RL
USBシリアル変換モジュールキット
1 800円
セラミック発振子 16MHz 1 40円
カーボン抵抗 1kΩ 1/4W 3 3円
カーボン抵抗 10kΩ 1/4W 1 1円
積層セラミックコンデンサ 0.1μF 5 50円
USBコネクタ Bタイプ メス 1 40円
タクトスイッチ 1 10円
ICソケット 28ピン(300mil 1 70円
ピンソケット 6P(1×6)メス 1 20円
ピンソケット 8P(1×8)メス 2 60円
ピンソケット 10P(1×10)メス 2 80円
ピンヘッダ 4P(1×4)オス 2 6円
ジャンパーピン 4 16円

 

※価格は1個当たりなります。(例:セラミック発振子は、5個で200円です。)

FT232RL USBシリアル変換モジュールキットは、取り外しが可能になっているので、他のArduino互換機でも利用できます。なので複数台作っても、1つあれば大丈夫です。

そうするとUSBシリアル互換モジュールキットを入れても1個1576円。USBシリアル互換モジュールキットを除くと1個776円でArudino UNOが手に入ります。安いですね。

細かい部品もまとめ買いや、海外の安いサイトで購入すれば、もっと安く組み立てることも可能かと思います。

スポンサーリンク