フレキシブルなマグネティックプリントベッドをidbox!用にサイズ加工して使えるか試してみた(使用編)

スポンサーリンク

無事マグネットプリントベッドシートのカットが出来たので、今回は実際に使ってみます。

そのままidbox!のプラットフォームテーブルにマグネットシートを張り付けても良かったのですが、ABSを印刷するときにガラスのプラットフォームに変えたい場合に変えられなくなるので、ステンレス製の板にマグネットプリントベッドシート張ることにしました。

ステンレス製の板は、切断堂さんでオーダーメイドカットしてもらいました。

切断堂 | 切断堂/レーザー加工によりあなた好みの金属板をどこよりも安く早くお届け

金属材料の販売・加工専門店です。ステンレス・アルミ・鉄板、真鍮、銅の素材を取り揃えております。レーザー加工、切断、穴あけ試作等の板金加工に幅広くご対応いたします。

ステンレスにした理由は、1mmの板厚にしたかった(マグネットプリントベッドシート自体に厚みがある)ので、銅やアルミだと強度的に心配だったのが理由です。

また、ステンレスの種類は、磁性のある「SUS430」にしました。

スポンサーリンク

磁性があるため、そのまま、マグネットプリントベッドシートを張りつれられるため、3Mマグネットシートは不要になります。

ちなみに切断堂さんで190mm x 137mm x 1mmのステンレスSUS430板が、1枚1400円でした。(送料別)

ステンレス板

実際に試したのですが、磁性が弱く、マグネットプリントベッドシートのマグネットだと張り付きが弱く、実用できなさそうです。ただ、1mmの厚さですが、強度は十分です。

仕方がないので、ステンレス板に3Mのマグネットシートを張ることにしました。

3Mのマグネットシートの貼り付け

ただ、3Mのマグネットシートの粘着力がかなり強力で張り間違えても張り直しは不可能です。(剥がすのも大変そうですし、1度剥がすと接着面が残ってしまい2度張りできません。)

ちょっとずれて張ってしまいました。。。

ステンレス板に張り付けたのは正解でした。直接プリンターのビルドテーブルに張り付けたら、取り外すのが大変です。(ABSを印刷しないのであれば、取り外すこともないので、問題ないかと思います。)

マグネットプリントベッドシートを張ったところ

ただ、全部の厚さが4mmになってしまいました。もともとの3mmでも余裕がなかったので、今回に合わせてZ軸の高さを100mmから99mmに変更しました。

設置

プラットフォームを調整して、まずはそのままでいざ尋常にプリント!

印刷中

あぁぁぁぁ。レイヤーの食いつきは良いのですが、ゴム板でも経験した浮きが発生しています。。。

この程度のマグネットの磁力では、PLAの反り(熱?)に耐えられないみたいです。あぁぁぁぁ。

淵ギリギリ印刷すると浮きが発生してしまうので、小さい印刷物であれば大丈夫そうです。

小さいものだと浮きはない

うーん。このままボツにするには、出費が痛い。。

引き続き、冶具などを作って何とかならないか検討を続けます。

スポンサーリンク