「Original Prusa i3 MK3S + MMU2S」の購入レビュー

スポンサーリンク

前回の記事で新しい3Dプリンターを購入するために比較検討を行いましたが、最終的に「Original Prusa i3 MK3S + MMU2S」を購入しましたので、そのレビューをしたいと思います。

本当は、Amazonで購入したかったのですが、マルチマテリルアップグレードキット(MMU2S)も欲しかったので公式ページから注文しました。

海外のサイトですが、配送先に日本も指定可能です。(公式サイトから日本語の組み立てマニュアルも見れます。)

Prusa i3 MK3Sのキット版は在庫ありで、MMU2Sは在庫なし7月発送予定の状態で、総額$1,144.90で注文しました。($749(Prusa i3 MK3S kit) + $299(MMU2S) + $96.90(DHL送料))(日本円で125000円程)

6/21のPM 22:00に注文をしたところ、翌6/22 AM 0:17には、発送連絡が来ていました。

スポンサーリンク

その後、6/22 AM 4:30にDHLから到着予定連絡(6/26到着)の連絡が来ていました。早すぎ。。。うれしいですね。

ただ、UUU2Sも発送されたのかは、まだわかりません。

佐川急便にて6/25日にMMU2Sも一緒に到着しました。(別途国内消費税と手数料の項目で6380円の支払いがありました。)

合計で13万円位になりましたので、MMU2Sの購入を考えていなければ、金額も変わらないので、Amazonで買った方が楽だと思います。

Original Prusa i3 MK3S 3Dプリンター (キット) [日本正規品]
Prusa Research
売り上げランキング: 7,667

早速、開封の儀です。

PRUSA i3 MK3Sの方から開封です。

厚めの組み立てマニュアルと、なぜがグミが。。。組み立てマニュアルは、公式サイトに日本語のが公開されているので、そちらを見ます。

組み立てのセクションごとに分が箱詰めされているので、組み立てるときに迷うことが無いです。

組み立てに必要な工具も梱包されています

次に、MMU2Sです。思っていたよりも大きめの箱に入っていました。

こちらも組み立てマニュアルと、なぜかまた同じグミが。。。

このグミ、ハリボーグミと呼ばれるものらしく、ヨーロッパではとてもメジャーなお菓子っぽく、日本でいう「うまい棒」的なものですかね??

まー海外のお菓子は外れると怖いので、会社に持って行って周りに配るが吉ですね。

週末に Prusa i3 MK3Sを組み立て始めましたが、 一つ一つミスのないようにジックリ作ったのもありますが、なんだかんだと 土日合わせて8時間くらいかかってしまいました。(結構大変です。)

ただ、それぞれのパートごとに部品がパッケージされているのですが、 他のパートはぴったりだったにも関わらず、 E軸(エクストルーダ)だけネジが余ってしまいました。。。(説明書を見返しても抜けを見つかられませんでした。)

余った部品

また、特に組み立ての写真は撮っていないのですが、今回購入した Prusa i3 MK3Sでは、電源モジュールが新しいタイプになっていました。(Amazonとかで話題になっている電圧の問題が解決しているかもです。)

シルバーの電源からブラックの電源になっています。
電源の型番

この電源は、接続した電圧を自動で判別してくれるようです。

以前、Aliexpressでパーツを集めて組み立てたPrusa i3 reworkと比べて全体的なつくりは一緒ですが、一つ一つの部品の品質が良く、いろいろと改善と拡張がされています。

完成

完成後に電源を入れると、取り付けた液晶に初期設定ウィザードを開始しますの趣旨が表示されます。(後からでもできます。)

説明通り初期設定を始めると、まず、組み立てが正しく行われているかのチェックを行い、次に各X・Y・Z軸それぞれのキャブレーションが始まります。

新しいPrusaは、それぞれの軸にリミットスイッチが無くてもちゃんとX・Y・Z軸の距離を認識しています。(取り付けた「P.I.N.D.A. 2 PROBE」がヒートベッドに埋め込まれた何かを読み取ってるようです。)

で、最後にPLAフィラメントをエクストルーダに挿入してZ軸の調整になります。

ジグザクの線が出力されるので、そのフィラメントの高さを見ながらノズルとプラットフォームの高さを調整します。(液晶画面横のスイッチでZ軸の高さを調整できます。)

無事、初期設定が終われば、あとは好きなものを印刷するだけです。

早速、付属のSDカードに入っているサンプルを印刷してみました。

ロゴのサンプル

使用したフィラメントは、数年前に購入したユニチカのテラマックで、保存状態は劣悪にもかかわらず、ちゃんときれいに印刷されました。

何より、スイッチを入れて調整をせずに印刷を開始するだけできれいにちゃんと出力されるのは、とても楽です。

次にスライサーによる比較をしてみます。

比較は、標準のスライサーのPrusaSlicerとSimplify3Dとの比較になります。(Simplify3Dは、Prusa ResearchのサイトからMK3S用のプロファイルをダウンロードしてインストールしてあります。)

どちらもデフォルトで用意されている積層0.3mm・インフィル20%・サポートありにした「FASTモード」での印刷です。

使用したフィラメントは、Amazonでレビューの多いい「SUNLU PLA Plus フィラメント ブラック」を使用しました。

個人的な感想として、このフィラメントは粘りがあり、糸引きが出やすいです。

で早速印刷してみます。まずは、標準のスライサであるPrusaSlicerです。

印刷時間は5時間強です

次は、Simplify3Dです。

印刷時間は4時間強です

それぞれの印刷したものの比較になります。左が「PrusaSlicer」、右が「Simplify3D」になります。

ヒートベッド面
サポート材除去側面
上面

結果としては、印刷の品質で言えば同じくらいですが、Simplify3Dで印刷したサポート材は、PrusaSlicerに比べて圧倒的に取り外し易いです。

印刷速度もSimplify3Dの方が早く、はやり有料ソフトの力といったとこです。(PrusaSlicerでも十分問題ないです。)

あと、プラットフォームへの食いつきですが、そこまで強くはないので、小さい部品を印刷するときは何かしら対策した方が安心です。

それでも、フレキシブルなプラットフォームのため、印刷物を取り外すときにメタルプレートを曲げるだけで簡単に取り外せるので、本当に楽です。

いろいろと試してみましたが、やっぱり世界で1番売れているだけあって、いろいろな面でかゆいところに手が届いている感があり、買ってよかった3Dプリンターです。

次は、お待ちかねのMMU2Sの組み立てとレビューですが、長くなってきてしまったので、別記事でご紹介しようと思います。

※MMU2Sの組み立てマニュアルを読んだところ、組み立てたエクストルーダーを1度分解する必要があるため、余裕があれば、Prusa i3 MK3Sの組み立てと並行してやった方が効率が良いです。

スポンサーリンク