簡単にSTLファイルをエクスプローラーでサムネイル表示する

スポンサーリンク

こんにちは。

今年の夏は、雨ばかりでスッキリしないですね。

今日は、3DデータのSTLファイルをWindowsのファイルエクスプローラーでサムネイル表示する方法をご紹介します。

簡単ですのでお試しあれ。

これができると、スライサーでファイルエクスプローラーでファイルを選択するときに3Dデータの形状がアイコンで表示されるのでわかりやすくなります。

スポンサーリンク

使用するソフトは、「Marlin3DprinterTool」です。

サムネイル表示対応前

ファイル名だけなのが、

サムネイル表示対応後

3Dデータがアイコンで表示されます。

インストール方法は、下記のサイトから「InstallStlThumbnail.msi」をダウンロードします。

ダウンロードした「InstallStlThumbnail.msi」をダブルクリックし、インストールを行います。

正常にインストールが完了すると、以下のウィンドウが表示されるので、左上の「Install and Register STL」を選択し、エクスプローラーを起動しなおすと、STLファイルがサムネイル表示されます。

これだけですので、3Dプリンターを使う人には、おすすめです。

また、上記ウィンドウの「Color on STL」でファムネイルアイコンの色も変更可能です。(デフォルトは青色です。)

スポンサーリンク