「GPD Pocket 2」にあると便利なグッズと周辺機器

スポンサーリンク

「GPD Pocket 2」が到着しましたので、周辺機器をそろえてみました。

・液晶フィルム

まずは定番の液晶フィルムです。

GPD Pocket 2の液晶は、グレア液晶のため、明るいところだと映り込みがひどく、目が疲れたり、動画とかも見にくいです。

そのため、反射低減液晶フィルムを貼り付けました。(まー傷が付かない事にこしたことはないので。)

スポンサーリンク

GPD Pocket 2用のものが既に発売されていますので、上記のPDA工房さんの反射低減フィルムを購入しました。(いくつか種類があるみたいです。)

・ケース

次に持ち運び用のケースです。

純正のケースも売られていますが、私はELECOMの手帳っぽいケースにしました。

理由として、純正ケースだと本体にぴったりらしく(実物を見たことはないですが、、)、マウスのUSB受信機を付けたままだと収納が厳しいと思い、GPD Pocket 2を収納してもサイドに少し余裕のあるからです。

本体を入れたところの写真です。
片方に約2cmほどの余裕がありますので、小型のUSB機器であれば付けたまま収納が可能です。

・USB Type-Cハブ

GPD Pocket 2からUSB Type-Cポートが装備されているため、USB Type-Cハブを購入すれば、接続ポートを拡張できます。

私がUSB Type-Cハブを選ぶ条件として、HDMI出力+有線LANポート+USBポート+USB PD(ハブ経由で充電)ができて、価格が手頃なものを探しました。(結構、USB Type-Cハブは高い。。。)

結果的に、上記のハブにしました。
3000円以下で購入できて、条件をすべて満たしています。

もちろん、ハブから充電可能です。

これで、GPD Pocket 2USB Type-Cハブのケーブル1本を接続するだけで、HDMI出力、有線LAN、外付けキーボード・マウス・充電までできるようになりました。素敵。

後日、もっと携帯性の良いType Cハブを購入したので、ご紹介します。
上記のハブも悪くはないのですが、携帯するとなると少しかさばりますので、せっかくの小さいPCが台無しでした。
そこで、もっとコンパクトでケーブルが邪魔にならないハブを探したところ、以下のハブが良かったです。

インターフェイスは、PD、USBx2、HDMI出力で有線LANはついていないですが、接続ケーブルが本体に収納できる点が良いです。サイズも上記のハブに比べて半分です。

また、以下のハブが良いかもです。(使っていないですが、評価は高いです。)

ケーブルを本体に収納できませんが、インターフェイスは、PD、USBx2、HDMI出力があり、コンパクトです。

・ゲームコントローラー

せっかく本体が小さく、持ち運びに最適なGPD Pocket 2ですので、外でゲームをしたくなるのが心情です。

だからと言って、大きなゲームコントローラーを一緒に持ち歩くのは邪魔ですので、すごく小型のコントローラーを購入しました。(Bluetooth接続なので、USBポートも使わない)

大きさです。ストラップも付属しているので、ケースなどに括り付けるて持ち運べます☆。

・マウス

マウスに関しては、まだよいのが見つかっていないです。

出来れば、ケースの隙間2cmに収まるような小型マウスがあればなーと思っています。

モバイル用に購入した個人的に満足しているマウスがあるのでご紹介します。

サイズ的には普通のマウスと変わりませんが、すごく薄いのでケースのポケットなどに収納できます。もちろんBluetoothなのでUSBポートも占有しないです。

スポンサーリンク