味の素の工場見学に行く~川崎工場~

スポンサーリンク

学もない+出不精なわりに主人と自分は「工場見学」という言葉が好きです。(実際に行くことは少ないですが・・・)

以前から味の素の工場見学に行きたいと思っていたのですが、やっと参加することができたので工場見学についてレポートします。

予約

味の素の工場見学は以下3か所で実施できます。

  • 川崎工場
  • 東海工場
  • 九州工場

工場見学のHPはこちらです。

自分たちは自宅から行ける範囲にある川崎工場の見学に行きました。
川崎工場では以下の3つの見学ができまして、予約は上のHPから実施可能です。
毎月1日に2か月先の月の予約が開始されます。

スポンサーリンク
  • ほんだしコース
  • 味の素コース
  • CookDoコース

自分たちは「ほんだしコース」に行きたいと思っており、毎回予約ページを見るのですが、、、空きが少ない!!
特に土日はあきがない(サラリーマン泣かせ・・・)
どのコースも比較的空きが少なく、ほんだしコースは一番人気なのか平日も空きが全くない状況でした。
そこでようやく空きをみつけて「味の素コース」に参加をいたしました。
どのコース1日にすぐ予約するようにした方がよさそうです。
予約を行うとすぐに登録メールアドレスに案内が届きました。ちゃんと予約が取れてることができて安心しました。

見学当日

味の素さんから工場見学の1週間前と2日前に案内メールが届きました(さすが・・・)
当日は10分前に「味の素グループうま味体験館」にて集合ということで時間通り味の素へ向かいました。
目的の体験館は最寄り駅の目の前なのですぐにわかりました。
入口にたくさんの味の素関係者の方がおり「本日はありがとうございます」と頭を下げられてしまいました。そんなに頭を下げてもらったことがないので、逆にかしこまって受付を済ませました・・・・。
時間になるまで見学に関する説明を受け、体験館にある売店の見学をしました。
さすがに大人なので一緒には取りませんでした。アジパンダ。

体験会は

  • 味の素に関する説明(シアター見学)
  • 梱包工場見学
  • アジパンダ瓶封入体験

といった形で行われます。
梱包工場の機械たちの統率の取れた動きを見て、自分があと〇十年若ければ味の素に入社してシステム開発したい!!と思うくらいすごかったです。
最後の封入体験は実際に現場で働かれている担当者の指導のもと、厳しい衛生管理のもと封入を行うというもので、思ったより楽しかったです。
もちろん衣装も着替え、本格的です。
入口で殿様のような扱いを受けたあとのこの厳しい指導・・。同じ品質管理を担当しているものとして、さすがだと尊敬の念をおぼえました。

実際にはこんな感じで封入しました。主人が封入したときは何の問題も発生しなかったのですが、なぜか自分がやったら味の素が機械から出てこない!!職業柄、ひきが強いのかしら・・。不具合が発生しない他の機械で無事封入を済ませました。

封入が終わった後味の素体験ということで、お味噌をお湯に溶いたものを味の素なし/ありで比較したのですが、、、、味の素すげーーーということで、全然おいしさが違いました。
お土産もいっぱいもらったし、大満足でした。(以下の画像は二人分です)

最後に入口の売店を見まわしたところ、珍しいものやスーパーより安く手に入ったりするものがあったのでいっぱい買い物してしました。近くに住んでいたら買い物だけにやってくるのもいいかも。

・・と、まぁ自分は大満足でした。次はもともと行きたかった「ほんだしコース」にぜひ行ってみたい。
お子さんがいらしゃる方も、自分たちみたいに大人の工場見学がしたいという方も満足いただけると思います。
興味がありましたらぜひHPにアクセスしてみてください。

スポンサーリンク