GPD Pocketの使い勝手

スポンサーリンク

こんばんは。

GPD Pocketが届いてから、早数週間が立ちましたので、GPD Pocket用に購入したアイテムを紹介します。

GPD Pocketの液晶は、グレア液晶できれいなのですが、明るい部屋だと映り込みが激しく、見えずらいです。(個人差があるかと思いますが。)

ですので、GPD Pocket用ミヤビックス製の反射防止液晶保護フィルムを張りました。
有名メーカーだけあって、反射が軽減され見やすくなりました。タッチも指の滑りがよくなりました。

次に購入したのが、トラックポイントキャップです。
某サイトでThinkPad用のがそのまま利用できると紹介されているので、早速購入しました。

スポンサーリンク

し、しかし!
3タイプ入っているのですが、一番背の低いタイプでも蓋を閉じたときに液晶にぶつかり、隙間ができます。

隙間も0.5mmくらいなので気にしなければ問題ないレベルですが、ちょっと残念です。

次に、GPD Pocketの内臓ストレージは、eMMCの128GBですが、いろいろなソフトやデータを入れると少し心伴いです。

かといって、microSDスロットもないので、外付けのUSBメモリを購入しました。せっかく小さい端末なので、USBメモリも小さく、早いものを探して、SanDiskの32G USBメモリを購入しました。

最後に、出先でゲームをするために、
小型のゲームパッド「Zero GamePad」を購入しました。
とっても小さいですが、機能は十分です。

接続もBluetoothで、USBポートを使うこともありませんし、十字キーを除いて、ボタンも8つあるので、PSくらいのゲームであれば大丈夫そうです。

ではでは。

スポンサーリンク