Raspberry Pi 公式7インチタッチスクリーンのスタンドを3Dプリンタで出力

スポンサーリンク

Raspberry Pi用の公式7インチタッチスクリーンを購入しました。

公式と言うだけあって、フラットケーブルを接続するだけで特に設定もせずにタッチが反応します。

通常のタッチパネルだとHDMI接続でとタッチ用にUSB接続も必要になるので、かさばって使いづらいですからね。

しかし、この液晶の後ろ側に基盤をむき出しで取り付けるのですが、スタンドがついていません。

別にスタンドが販売されているのですが、結構高い。。。

スポンサーリンク

値段の割には、大したスタンドではなさそう(失礼ですね。。)なので、自分で作ることにしました。
(最近、ホコリをかぶっている3Dプリンターidboxの登場です。)

早速、Fusion360でちょちょいのちょいでモデリングします。

※もともと自分は、CADをやったことがなく素人ですが、以下の本を半分読んだくらいで簡単なパーツは作れるようになりました。良い世の中ですね。

早速ですが、まずは背中部分の部品になります。

こんな感じで穴のサイズは、M3サイズになります。

次にスタンドを支える足の部分です。

同じく穴はM3サイズになります。

上の2つを左右で1セットづつ3Dプリンタで出力します。
待つこと数時間・・・・。チーン

出力されたものです。

次にこれをボルトとナットで接続します。使用したボルトは、M3サイズの15mmです。使ったのは6角穴タイプのボルトです。
(安かったので・・・)

足の部分は、蝶ナットを利用して可動式にしました。これであれば、ナットを緩めてスタンドの角度を変えることができます。使ったナットは、以下になります。

あとは、できたスタンドを本体にねじ止めすれば完成です。

しまうときは、スタンドを折りたたんで箱にしまえます。

スポンサーリンク