今さながら本の電子化(自炊)を安くやってみた(マンガ編)。

スポンサーリンク

毎日暑いですね。

以前、ドキュメントスキャナと裁断機を購入して本の電子化(自炊)を進めていて、マンガにも挑戦しました。

利用している裁断機は、DC-210Nです。

この裁断機だと一度に40ページ(実際はもっと少ない)しか切断できないため、マンガを手で千切ってから裁断することになります。

しかし、数冊であれば問題ないのですが、数十冊になるとかなりの手間になり、結構しんどいです。

スポンサーリンク

そこで!

迷った挙句、定番のプラス裁断機 PK-513Lを購入しました。

新品で購入すると高いので、ヤフオクで中古を購入しました。

ヤフオクであれば、中古で6000~8000円くらいで手に入るかと思います。(+送料)

※もちろん刃がちゃんと付属しているものを選びましょう。中古で買うと刃こぼれしていたり、なまくらになっている可能性があるので気を付けましょう。(切れ味が落ちてる程度であれば、研ぎなおしを3000円位でやってくれるところもあります。)

この裁断機の価格のほとんどが刃の値段といっても過言でもないためです。

早速、届いて利用したところ、今までの苦労が何だったのかと思うくらい簡単に1回でマンガ本を裁断できます。(買った裁断機は幸運なことに切れ味に問題はありませんでした。)

置き場所の問題でDC-210Nを購入しましたが、最初っから PK-513Lを購入しておけばよかったと思う次第です。

だた、 PK-513Lは、大きくて重たいので置き場所に困りましたので、キャスター付きの台に乗せて机の下に保管するようにしています。

また、長さを正確に測って裁断できるので、自炊以外でも活用できそうです。

スポンサーリンク