3Dプリンターの印刷中撮影用カメラの取り付けマウンター作成

スポンサーリンク

こんばんは。

冬休みも終わり、気分は憂鬱です。(働きたくない働きたくない。。。)

気を取り直して、「3Dプリンターの印刷中撮影用カメラの取付マウンター」を作りましたので、ご紹介します。(タイトルの印刷中撮影用カメラの取り付けマウンターって長いですね。良いネーミングがあればよかったのですが。)

3DモデルのSTLファイルを提供していますので、よかったら使ってください。

私は、idbox(週刊3Dプリンター)とOctoPrint(Raspberry piで3Dプリンターをネットワーク越しに制御できるソフト)の組み合わせで使っているのですが、このOctoPrintにRaspberry Piに接続したWebカメラで印刷中の様子を見ることができる機能があります。

スポンサーリンク

ただWebカメラの設置が難しく、気にはなっていましたが、使っていませんでした。

そんなこんなで放置していましたが、年末の大掃除でかなり昔に購入したWebカメラが出てきて、大きさも丁度よかったので、これを使ってみようかと思った次第です。

ELECOMの「UCAM-DLY300TA」です。写真には、スタンドが付いていますが、家にあったのは、スタンド部分が折れてなくなっていました。

このスタンド接続部分に穴を空けて、M3ボルトを通せるようにしました。

型番は違いますが、こちらのカメラでも加工すれば使えそうです。

次に3Dプリンタでカメラを固定するマウンタを作ります。アームで自由自在に稼働できます。

挟み込んで固定すタイプになりますので、取り付け場所の板厚が5mmであれば、idboxやBS01以外でも使えるかと思います。

STLファイルはこちらからダウンロード出来ます。

ゆるければ、挟み込む部分の内側にゴムシールを張るとグリップが良くなります。



取り付けた写真です。

それぞれのパーツをM3のボルトで固定すれば出来上がりです。アームが稼働できるので、気に入った場所にポジショニングできます。

OctoPrintから撮影したキャプチャになります。画質は良くありませんが状態を見るだけなら十分です。

これで、外出先やスマホから印刷状態を確認できます。

スポンサーリンク