寝ながらスマホでゲーム(PS4リモートプレイ)を楽しむ方法

スポンサーリンク

普段はPS4を使っているが、夜寝る前に少しだけベッドで横になりながらゲームを進めたいな・・・。そんなこと、ありませんか?

自分はあります。

PS4のゲームはスマートフォンでも「リモートプレイ」という形で楽しむことができるのですが、コントローラーがスマホ画面上に表示されるタッチ操作を行うようなものとなっているためRPGなどでキャラクターを細かく移動させる必要がある場合はどうしてもコントローラーが必要となります。

コントローラーを手に持つと当然スマホを手に持つことができず、ベッドで横になりながらゲームを行うことが難しい・・・→寝ながらゲームを行うことはできないといった状況となってしまいます。

今回それを解消するべく2つの方法を試してみましたのでその結果を備忘として残します。

スポンサーリンク

対応1:PS4コントローラー用スマホホルダー

PS4のコントローラー(DUALSHOCK 4)に取り付けてスマホを固定するホルダーがあるのですが、それを使えばコントローラーを持つとスマホ画面も一緒に見れる・・・という代物です。(こんな感じです)

Amazonで調べると、ピンキリではありますが大体1000~2000円台で販売しております。

さっそく試してみたところ、、、確かにPSVitaやSwitchのような感覚で寝ながらゲームできたーー!!

一応希望は叶います。ただいくつか問題点もありました

  • 重量のバランスがスマホ側の方が重いため、粗悪品だとうまく固定できない
  • スマホ側の方が重いため、しばらく利用していると手首が痛くなってくる

横を向いてスマホをベッドに置きながらゲームをすれば、やや快適に操作できる…かもしれません。

対応2:首掛け用タブレット&スマホスタンド

ねながら・・というわけではなく、ソファに座ってタブレットで動画を見るためなどに用意されている首掛けようのスマホスタンドがあるそうなのですが、寝ながらでも使える・・ということでそちらを購入して試してみました。(こんな感じです)

形がいびつですが、自由に形状を変更することができます。Amazonでは2000円前後で入手可能です。

うまく姿勢にフィットするようにアームの形を変更したところ・・・・確かに寝ながらゲームできたーー!!

こちらも一応希望は叶います。ただやはりしっくりこない点もありました。

  • アームの形状を希望の形に変更することが難しい(女性の力だと思ったように曲げられません・・)
  • アームの位置をうまく調整しないと、頭や肩が痛くなります
  • 収納場所にやや困る

先ほどのコントローラー付属型とは異なり手首の痛みは全く感じません。ただ方や頭の負担はこちらの方が多く感じました。

本当はPSVitaで高解像度リモートプレイができればこのような悩みを抱かなくていいのですが、sonyは携帯機から撤退するようなのでしばらくはこれでがまんすることになります・・・。(Switchで出してくれればいいのに・・・)

スポンサーリンク