Raspberry Pi 4とPoEスプリッターでミニサーバールームを構築

スポンサーリンク

前回、Raspberry PiとPoEスプリッターを利用してミニサーバールームの構築を行いました。

しかし、昨今の旺盛なIT需要とRaspberry Pi 2を中心としたサーバー群だと、どうしてもパォーマンスが悪いため、より高スペックでメモリが大幅にアップされたRaspberry Pi 4の導入を行うことにしました。(時代はDockerですし。)

前回と同じく、PoEスプリッターを使うのですが、電源コネクタがType-Cのものは、100Mbpsまでしかなく、1Gbpsに対応したPoEスプリッターは、Micro USBコネクタのものしか見つけることが出来ませんでした。

(Raspberry Pi 4のLANは、1Gbps対応なのでせっかく使うならGigabitで使いたですしね。)

AliExpress.com Product – DSLRKIT Gigabit Active PoE Splitter 5V Micro USB Jetson Nano Raspberry Pi 3B+ 3B Plus AliExpress.com Product – Hot sale TYPE-c poe splitter usb 48v to 5v power over ethernet 802.3af for raspberry

仕方がないので、100円ショップで売っているMicroUSBからType-Cに変換するコネクタを購入してRaspberry Pi 4に電源を供給することにしました。

スポンサーリンク
MicroUSB-Type-Cコネクタを付けたところ

MicroUSB-Type-Cコネクタを使用してPoEからRaspberry Pi 4の起動はできたのですが、コネクタ部分が長くなり、ちょっとした衝撃で破損しそうです。この部分もなんとかします。

で、コネクタ部分を固定するようなPoEホルダーを前回と同様に3Dプリンタで作成しました。前回からの改善点は、これ単体で連結ができるようなっています。

こんな感じでコネクタをホルダー経由で固定しています。

Raspberry Pi 4と接続し、ネジで固定します。

あとはサーバールームにスタックする分だけ用意します。

必要台数分用意

今回は、Raspberry Pi 4を4GB x 2と8GB x 1の計3台用意しました。

あとは、それぞれを連結します。

連結時

Raspberry Piを連結するために30mmのナイロンスペンサーを使用しています。

あとは、PoE対応のLANハブと今回は、サーバーのストレージを拡張すべくUSB接続のSSDも追加してスタックしていきます。

完成

思ってより綺麗にできました。これで、サーバールームのアップグレードが完了しました。

Raspberry Pi 4はメモリが大幅に増えたので、Dockerなどで複数のサーバーを構築できればと思っています。

この辺の部品とかをセットで売ったら、買ってくれる人いないかなー。

後日サーバールームを覗いてみると、カピバラさんたちが一生懸命メンテナンスをしてました。サーバー拡張に伴い増員もされています。

ミニサーバールーム近況
スポンサーリンク