Prusa i3 reworkのフレームを安く自作する

スポンサーリンク

以前、作成したオープンソースの3Dプリンター「Prusa i3 rework」ですが、費用をケチって本体フレームをアクリル板で作ろうとしましたが、結局、強度が足りずにアルミフレームを買いなおした経緯があります。

アルミフレーム自体がなかなか高価で、Aliexpressで購入するとYキャリッジ付きとは言え、安くて8000円以上します。

ちなみにYキャリッジ単体だと1500円くらいで購入できます。

で、そのボツになったアクリル板フレームを何とか強度をあげて再利用できないかと検討しました。(捨てるのももったいないしね。)

ボツになったアクリル板フレーム

一番の理由である強度ですが、3mmのアクリル板を2枚重ね合わせているせいもあってか、手で少し力を入れるとたわんでしまいます。

スポンサーリンク

でいい方法がないか考えていたところ、ちょうどよい安くて硬そうなアルミ平板をAmazonで見つけたので、これをアクリル板フレームの間に挟み込めば強度が上げられるではないかと思った次第です。

ちなみに骨組みとするアルミ平板は、5mm x 20mm x 300mmを3枚と5mm x 10mm x 300mmが1枚になります。

この4本で900円弱になります。

早速、アルミ平板を芯としたフレームをCADで作成してみました。購入できるアルミ平板の長さは300mmなので、ネジ穴と干渉しないように設置できる部分を肉抜きしています。

また、大きさ的に一度に印刷ができないので、フレームを4分割にしてあります。

1つ2時間強の計8時間程度でフレームの印刷が完了しました。

位置がずれないように事前にネジ穴を合わせておきます。

アルミ平板をはめ込んだところ

次に肉抜きしたところに購入したるみフレームをはめ込みます。

rryりょりょう両面テープ両面テープ

あとは、両面テープでアルミ平板を固定して最後にアクリル板のフレームで挟み込みます。

完成

フレームがかなり厚くなってしまいましたが、強度は十分です。

別途購入したフルアルミフレームと比較しても強度は互角なので、実用に十分耐えられそうです。

今回は、余ったアクリルフレーム板を利用しましたが、工夫すれば3Dプリンターで印刷したフレームパーツとアルミ平板だけでも十分な強度のフレームが作れそうです。

もし、プリントパーツとアルミ平板だけでフレームが作れれば費用は1500円ほどで実現できるので、低価格でPrusa i3 reworkを作ることが可能です。

スポンサーリンク