ハイブリッドレーザー&カッティング&彫刻機 xTool M1をクラウドファンディング&レビュー

スポンサーリンク

Kickstarterでクラウドファンディング中の「xTool M1 – Mini but Powerful Hybrid Laser & Blade Cutter」を購入してみました。

詳しくは、以下のリンクで見れます!

https://xtool-m1.kckb.st/5316625c

レーザーカッターと裁断機?の両方をハイブリッドで利用できる機会です。しかも内蔵カメラで位置合わせなども簡単にできる優れものです。

レーザーもデュアルレーザーシステムにより半導体レーザーを使っているにも関わらず2つのレーザー(10wモデルのみ)で強力に色々なものの切断か可能となっています。

スポンサーリンク

自分は、「xTool M1 – 10W Basic」とオプション追加で「Rotary Attachment」(円形のものに彫刻する機械)をプレッジしました。

順調に量産が進めば、2022年の5月位?には届くと思いますが、こういたクラウドファンディングは遅れがつきものですで気長に待ちます。

無事、佐川急便さん経由で5/10に到着しましたので、開封の議をしていこうと思います。

DSC_0411

到着した段ボールは、かなり大きいです。

DSC_0412

箱の中には、オプションで購入したロータリーキットとアルミ製のプリズムが入っています。

また、本体の中にそれ以外の付属品が入っています。

DSC_0421

DSC_0422

さらに下には、ブレードカットで使用する吸着版?が入っています。

で本体はこんな感じです。

本体表

本体表側には、ボタンが一つだけですごくシンプルです。このボタンは電源スイッチではなく、実行ボタンになります。

本体裏側

裏側には、電源スイッチ・USBポート・電源ジャック・謎のコネクター(ロータリーユニットを接続するポート?)・排気口になります。排気口には、付属のダクトパーツを接続して加工時の煙を外部に逃がします。

電源スイッチを入れると、本体内部が光ます。

ただ、電源を入れた状態だけでも音は結構あります。。

で早速、加工してみようと思います。PCとxTool M1をUSBで接続するだけです。(WiFi経由で接続することも可能みたいです)

加工用のクライアントソフトは付属していないので、公式サイトよりダウンロードします。

https://www.xtool.com/pages/software

インストールして起動すると以下のような画面になります。

画面左上の「Connect」を選択すると、xTool M1と接続します。

接続が完了すると、本体内部の映像が表示されるので、彫刻やカットしたい形状を置きます。

今回は、すでに用意されている形状を彫刻してみます。ちなみにメープルの葉っぱです。

で、右のメニューから素材と厚さや素材までの高さなどを選択して「Start」を押します。

まだ、この状態では開始されず、本体のボタンを押すことに開始されます。

レーザー彫刻したもの

で、彫刻した結果です。

想像以上にきれいにレーザー彫刻されています。

ほかにもいろいろ試してみました。

歯車の形状を彫刻したり、カットしてみたりしました。

あと、カットをするとxTool M1の底面がすぐに汚れてしまうので、0.5mmのアルミ板に0.1mmのブラックアルミテープを張って底面に設置しています。

created by Rinker
光(Hikari)
¥616 (2022/09/28 01:48:48時点 Amazon調べ-詳細)
MDFをカットした後の汚れ

最後にxTool M1自体は、非常に簡単・きれいにレーザー加工ができてよいのですが、ちょっとしたMDFをカットするだけでも、本体から発生する煙と臭いの処理が非常に厄介です。。

専用の集塵機を購入して取り付ければ良いのですが、価格が10万円近くもしますし、そもそもフィルターが消耗品なので個人の趣味レベルで導入するのが難しいです。

と言うことで簡易な集塵機を自作しましたので、よかったら下記の記事をご覧いただければと思います。

以上です。

スポンサーリンク