ハイブリッドレーザー&カッティング&彫刻機 xTool M1をクラウドファンディング&レビュー

スポンサーリンク

Kickstarterでクラウドファンディング中の「xTool M1 – Mini but Powerful Hybrid Laser & Blade Cutter」を購入してみました。

詳しくは、以下のリンクで見れます!

https://xtool-m1.kckb.st/5316625c

レーザーカッターと裁断機?の両方をハイブリッドで利用できる機会です。しかも内蔵カメラで位置合わせなども簡単にできる優れものです。

レーザーもデュアルレーザーシステムにより半導体レーザーを使っているにも関わらず2つのレーザー(10wモデルのみ)で強力に色々なものの切断か可能となっています。

スポンサーリンク

自分は、「xTool M1 – 10W Basic」とオプション追加で「Rotary Attachment」(円形のものに彫刻する機械)をプレッジしました。

順調に量産が進めば、2022年の5月位?には届くと思いますが、こういたクラウドファンディングは遅れがつきものですで気長に待ちます。

無事、佐川急便さん経由で5/10に到着しましたので、開封の議をしていこうと思います。

DSC_0411

到着した段ボールは、かなり大きいです。

DSC_0412

箱の中には、オプションで購入したロータリーキットとアルミ製のプリズムが入っています。

また、本体の中にそれ以外の付属品が入っています。

DSC_0421

DSC_0422

さらに下には、ブレードカットで使用する吸着版?が入っています。

で本体はこんな感じです。

本体表

本体表側には、ボタンが一つだけですごくシンプルです。このボタンは電源スイッチではなく、実行ボタンになります。

本体裏側

裏側には、電源スイッチ・USBポート・電源ジャック・謎のコネクター・排気口になります。排気口には、付属のダクトパーツを接続して加工時の煙を外部に逃がします。

電源スイッチを入れると、本体内部が光ます。

ただ、電源を入れた状態だけでも音は結構あります。。

で早速、加工してみようと思います。PCとxTool M1をUSBで接続するだけです。(WiFi経由で接続することも可能みたいです)

加工用のクライアントソフトは付属していないので、公式サイトよりダウンロードします。

https://www.xtool.com/pages/software

インストールして起動すると以下のような画面になります。

スポンサーリンク