Windows10でPC起動時にネットワークドライブに接続できない

スポンサーリンク

今までLenovoのノートPCを使っていたのですが、動きが遅い遅いと主人に馬鹿にされ続けたため、新しいPCに変更しました。(というか、主人に7万払ってよしなに組み合わせてPCを作らせました)

PCの起動や動作は格段に良くなったのですが、1つだけ今までにない問題点が発生しました。

それが、、、PC起動後にネットワークドライブに接続できない事象です。

我が家にはNASサーバがあり、基本的にファイルはそちらに保存して複数PCから作業できるようにしているためネットワークドライブにNASサーバのフォルダを割り当てています。なぜか新しいPCに変更してからPC起動後にそのフォルダに接続できなくなってしまったのです。

いろいろ調べてみたところ、以下の事象が該当しそうということがわかりました(何にでもいえることですが、処理が早くなるというのもいいことばかりじゃないですね。)

スポンサーリンク

起動プロセス中にネットワーク上のサーバーの認識をする前に共有フォルダを探しに行ってしまい、「ネットワークドライブに再接続できませんでした」というエラーメッセージが起動のたびに出てしまう」という事象があるらしい

ということで、回避策を試しました。

(1)以下のVBスクリプトを作成

On Error Resume Next
‘処理を遅延させる秒数をミリ秒で指定
WScript.sleep 5000
‘ネットワークオブジェクトの作成
Set objNetwork = CreateObject(“WScript.Network”)
‘接続するネットワークドライブ
‘objNetWork.MapNetworkDrive “[ドライブレター]:”, “[共有フォルダのパス]”
objNetWork.MapNetworkDrive “Z:”, “\\test\testFolder”

(2)スタートアップに登録する(具体的には手順1で作成したファイルを以下に配置する)

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

これでPCを再起動したところ、、、PC起動直後にネットワークドライブへの接続が成功しました!

手順1の遅延時間は環境によって異なるかもしれません。自分は5000ミリ秒で大丈夫でした。皆さん調整してみてください。

【5/18追記】

最近またPC起動時にネットワークドライブにせつぞくできなくなってしまいました。追加で以下の記事も書きましたので、こちらもご覧いただけると助かります。

Windows10でPC起動時にネットワークドライブに接続できない その2

Windows10でPC起動時にネットワークドライブに接続できない その3

スポンサーリンク