チーズの王様「エポワスチーズ」を食す。

スポンサーリンク

こんばんは。

チーズの王様「エポワスチーズ」の食レビューです。

「エポワスチーズ」を購入した経緯なのですが、たまたま寄り道したスーパーで半額で売っていたからです。(半額でも千数百円!!)

パッケージもおしゃれです。

そもそも何のチーズもわからずに50%OFFのシールに目がくらんで買ってしまいました。(高いから美味しいに違いないと短絡的に思った次第です・・・。)

スポンサーリンク

家に帰ってきてから、どんなチーズかを調べてみましたが、チーズの王様と呼ばれているウォッシュタイプチーズの一種らしいです。

ウォッシュタイプがなにか初めて知りましたが、チーズの表面をお酒で洗(ウォッシュ)って作るみたいです。へー

より調べてみると、匂いが強烈らしく、フランスでは「神様のおみ足」と呼ばれ、イギリスでは「の蹄の間」と呼ばれるくらい臭いらしいです。。。えぇぇ。

やっちまった!

しかし、大金を出して買ったのだから、最後まで食い尽くさねば。(濃厚クリーミーで美味しいらしい。)

恐る恐るパックしてあるフィルムをはがします。(厳重なパックは、匂いが漏れないためか。。。)

なんだか、見た目はベイクドチーズケーキに似ていて美味しそうです。臭いですけど。

匂いは、直接匂いを嗅がなければ。。。まー大丈夫?でも臭いです。確かに足の裏の匂いっぽい。

さっそく、実食に移りますが、表面の茶色い部分が匂いの元らしく、初心者の私は剥がして食べることにしました。

結構、茶色い部分がヌルヌルしており、包丁ではうまく表面を剥がせないです。チーズ自体も柔らかいです。

さて実食です。写真だけ見るとますますチーズケーキの様で美味しそうです。

いざ尋常に勝負!!ぱくっ!

「・・・」

「・・・・・・モグモグ」

「・・・・・・・・・!」

「・・・・・・・・・・・・・・・・!!」

「・・・・美味しくないョ・・・。」

ダメでした。好きな人にはたまらない一品みたいですが、だめでした。。。我慢すれば食べるレベル。

アンモニア臭が口の中に広がり、酸味と苦みを強く感じます。濃厚ですが、チーズ独特の甘さが少なく塩辛いです。

ブルーチーズとか大丈夫(結構好き)なのですが、これはまだまだ大人の階段を上らないといけないですね。。。

スポンサーリンク