隠ぺい配管のエアコンがガス漏れ!?と対策?

スポンサーリンク

毎日暑いですね。こんな暑い季節はエアコンが大活躍ですが、我が家のリビングのエアコンに不具合が発生しました。

我が家には寝室とリビングに2台のエアコンを設置しているのですが、夫婦共々引きこもりで家にいるときは、2人とも寝室で過ごしています。(寝室にお互いのパソコンスペースがあるため)

なので食事の時以外は、ほとんどリビングを使うことが無くてエアコンも使っておりませんでした。

夏場の食事も汗をダラダラ流しながらとっていましたが、さすがに設置してあるエアコンを使わないのは勿体ないと言うことで、久しぶりにエアコンを入れたのが切っ掛けでした。

あれ?エアコンの風が冷たくならない。。。

スポンサーリンク

そうこうするとエアコンの表示がエラーになってしまいました。。。

エラーコードをマニュアルで調べると、どうやらガス周りの異常だとわかり、早速ハウスメーカーのサポートに電話をしました。

ここで問題が。リビングのエアコンは3階に設置してあり、1Fの外まで隠ぺい配管で接続されています。(隠ぺい配管とは、エアコンのガスなどを送るガス管が壁の中に埋め込まれているタイプになります。)

5年前に家を建てたときに隠ぺい配管でエアコンを設置したのですが、その時に交換が難しいとの説明を受けておりました。

ただ、10年ほど問題なく使えればいいかなと(配管を再利用することも無いこともないってことも)間取りの問題もあり、隠ぺい配管で設置してもらった経緯があります。

で、ハウスメーカーに電話したところ、2年が過ぎているのでハウスメーカーからの回答は有償工事になるとの回答

日頃からエアコンを使ってないため、たぶん新築時よりガス漏れが発生していたと思うのですが、

(実は、新築時にもリビングのエアコンはガス漏れでガス欠になって、外の配管を修理していますが、リビングのエアコンを全く使っていなかったので今まで気づかず。。。)

これで、本当に隠ぺい配管に問題があると、管の交換は絶望的なのでエアコンを移設する必要がありそうです。

(一応、建築時に隠ぺい配管に何かあった時のためにリビングにはもう一つエアコンの設置場所を作ってあります。ただ設置に最適な場所ではないので、可能であれば今のままがいいのですが。)

ちなみにエアコンはダイキン製になります。

とりあえず、ハウスメーカー経由でエアコンメーカーの点検を手配してもらうことになりました。

で、後日、点検の方にチェックしてもらったところ、やっぱりガス欠になっていて、見える範囲でのガス漏れが無いことら、隠ぺい配管内でガスが漏れている可能性があるとのこと。

施行時の不具合になると、エアコンメーカーでのチェックは機器のチェックまでしかできないので、配管に関しては、ハウスメーカーにお願いしてくださいとのことです。

(隠ぺい配管のガス漏れをチェックするには、かなり大掛かりな作業が必要とのこと)

やっぱりかと思い、肩を落としていると、来てくれた点検の方が、

「出たばかりの漏洩防止剤を試してみます?」

なななんと、聞くところによると今年?出たばかりのガス管からのガス漏れを防止できるものがあるとのこと、

効果の程は不明ですが、藁にも縋る思いでお願いすることにしました。

作業時間はほんの10~20分ほどで完了し、抜けていたガスも充填してもらい、無事エアコンから冷たい空気がでてきました!

これでガス漏れがなくなればいいのですが、いったんこれで様子を見ることにしました。

100%治るものでもないと思いますが、それにしてもタイムリーに便利なものが出ていて助かりました。

ほかのエアコンメーカーで同じことが出来るのかはわかりませんが、ダイキン製のエアコンでは、こういった対応をしてもらえるようです。さすがダイキンさん!

ちなみにぎりぎり5年未満?だったらしく作業費はすべて無償でやっていただきました。

漏れの大きさなどにも影響すると思いますが、引き続き効果の程を見ていきたいと思います。

それにしても施工不良は怖いですね。

我が家は賃貸併用住宅なのですが、賃貸の部屋もエアコンのガス漏れで修理しているので、かなりの確率で漏れています。。。

丁度5年点検も近いのでハウスメーカーに言ってみようと思います。

教訓は、エアコンは定期的に点検と、エアコンの設置場所はよく考えようです。

スポンサーリンク