0から大きい造形サイズの3Dプリンターを自作してみる(その6:エクストルーダーとホットエンド)

スポンサーリンク

本体が組みあがったので今回は、エクストルーダーとホットエンドの組み立てになります。

E3D V6 Metal hotend Print Head kit with Super Cooling Fan Duct + V6 Circular Heat Sink + 3010 Cooling Fans undate for Titan UM2

まずは、購入したホットエンドに合わせてマウンターを設計します。

ホットエンドマウンター

マウンターの後ろ側にオートレベリング用の3DTouchプローブを取り付けられるようにします。

印刷したパーツ

印刷パーツしたを組み立てます。組み立てにはM3 18mmボルトと四角ナットを使用します。

スポンサーリンク
組み立てたホットエンド前から
組み立てたホットエンド横から

ホットエンドの後ろ側にZ軸用のプローブを取り付けられるようにしています。

スポンサーリンク