アクリル板を切りたいからレーザーカッターを自作してみる(その2:部品調達)

スポンサーリンク

前回からの続きです。

早速、必要な部品の入手先と費用をまとめていきます。部品は、「Smart Laser Mini」のマニュアルを参考にします。

・レーザーモジュール

 15w 半導体レーザーモジュール
ドライバ基板とACアダプタ付き
AliExpress 1 28,455円
AliExpress.com Product – 5W/10W/15W/17W Laser Head Engraving Module 450nm Blue Light Marking Engraver With TTL Modulation DIY Wood Marking For Engraver

届いたレーザーモジュールです。ドライバー部分は、写真で紹介されていたものより良さそうです。

・ コントロールボード

スポンサーリンク

コントロールボードは、いろいろな種類があるので別ページにまとめています。

・アルミフレーム

部品名 入手先 個数 費用
400mm アルミフレーム V slot AliExpress 1 $25.25(2,756円)
(送料込)
450mm アルミフレーム V slot AliExpress 2
380mm アルミフレーム 2020 AliExpress 2

「V Slot」と呼ばれているアルミフレームになります。これは、フレームの溝部分が45度にV型になっているものです。
日本だと手に入りにくく、Aliexpressやopenbuildersなど海外のサイトで入手する必要があります。

AliExpressの「linkcnc Store」で10mm単位でv slotのアルミフレームが販売されていたので、必要な長さのフレームが全て揃いました。

フレームの長さは、自作するレーザーカッターの印刷領域次第なので、上記の長さである必要はありません。

通常のアルミフレームとV Slotアルミフレームの違い

・アクリルパーツ

部品名入手先個数費用
footA to D アクリル to DIY
Yahoo!店加工はカインズホーム
4アクリル
1,500円
(送料込)+加工費
1,500円
mini v plate y-axis2
idler pulley plate3
motor mount plate y-axis R1
motor mount plate y-axis L1
motor mount plate x-axis1
mini v plate x-axis1
laser support1
調整用アクリル 16mm2

こちらでオープンソースとして公開されている「Smart Laser Mini」のカットパーツデータを利用します。

赤文字のパーツは、HBLSS5の代替品を利用するためと、購入したレーザーモジュールのネジ穴に合わせてオリジナルから変更しています。

また、購入した15wレーザーの焦点距離が16mmなので、laser supportの長さを20mm程伸ばし、調整用アクリルも別途用意しました。

5mm厚の黒アクリルをカインズホームのCAINZ工房で加工してきました。

全部のパーツがA4サイズで収まるので費用はそんなに掛かっていません。300mm x 450mサイズのアクリル板を半分使用しました。(1枚で2台分取れます。)

ただ、カインズホームで出力するためには、ai形式(Adobe illustrator)のファイルで持っていく必要があるため、illustratorの体験版を利用してdxfファイルを配置し、aiファイルを作成しました。

カインズホームのレーザーカッターをレンタルしたときは、上記のパーツ全てをカットするのに掛かった時間は15分くらいでしたので、手間どらなければ、準備も含めて1500円/20分で収まるかと思います。

※カインズホームに設置されているマニュアルだと黒のアクリル設定が無いため、透明なアクリル設定で行うと、ちゃんと切れませんでした。

透明アクリル5mmの設定で出力を47.5%から80%に変更してようやく切断できました。

長さを20mm伸ばしたlaser supportを購入したレーザーに合わせてみました。ぴったりとネジ穴が合っています。写真左は、レーザーの焦点距離を調整する調整用アクリルです。

・HBLSS5の代替部品

部品名入手先個数費用
2020コーナーフィッティング角アルミAliExpress6192円
AliExpress.com Product – 25pcs Durable Silver Aluminum 2020 Corner Bracket 20x20x17mm Solid Cast For 20mm Extrusion CNC Routers

L型ブランケットのHBLSS5ですが、日本だとミスミにしか販売がなく、個人では購入できず、Aliexpressでも売っていなかったので困りました。

一部はフレームを固定するのに利用するので良いのですが、レーザーモジュールを固定するアクリルパーツの接合にも利用するため、代替方法を考えました。(3Dプリンターで印刷するのでもよいのですが、せっかくなので)

レーザーモジュールの固定は、アクリルパーツ自体がHBLSS5のサイズで設計されていますいるため、CADを使ってlaser supportのアクリルパーツを購入した角アルミで代用できるようにCADで加工しました。

左側がオリジナルの形状で、右側が今回修正をした形状になります。

追加した四角い穴は、下記の固定用突起部分がはまるようにしています。

上記は、実際の届いたコーナーパーツになりますが、念のため別々のショップで20個ずつ購入したのですが、結構、違いがありました。

HBLSS5との一番の違いは、面部分に固定用の突起があります。上記の突起に合わせてアクリルパーツに穴を別途用意しました。今回、レーザーモジュール部分に利用するのは、左側のコーナーパーツになります。

・mini v wheel 関係

部品名入手先個数費用
mini v wheelAliExpress12610円
mini v wheel用シム(5mm x 8mm x 1mm)(mini v whell用ワッシャーとしても利用)AliExpress2776円
ミニベアリング L-1050ZZAliExpress241,050円
M5 30mm 六角ボルトAliExpress16320円
AliExpress.com Product – 10pcs Openbuilds V Slot Linear Extrusion Wheels Delrin plastic Idler Pulley For guide rail 3D Printer RepRap CNC AliExpress.com Product – Funssor 50pcs Mini V Wheel Precision Shim 5x8x1mm for OpenBuilds mini Wheel Kit 3D printer parts

上記は、部品の写真と、今回利用するmini v wheelの図面になります。

先ほど紹介したV Slotの溝にこのV Slot Wheelを噛ませて利用します。

・ステッピングモーター

部品名 入手先 個数 費用
JK42HS34-1334AC NEMA17 AliExpress 3 3,200円

FABOOL Laser Miniで使われているものと同じ型番(多分・・・)のステッピングモーター。

スポンサーリンク