「Original Prusa MINI」の購入レビュー

スポンサーリンク

数か月前に「Original Prusa i3 MK3S」を購入しましたが、その性能に満足していた矢先にコンパクト&低価格版の「Original Prusa MINI」が発表されました。

発売自体は、2019年11月下旬予定です。

値段が「Original Prusa i3 MK3S」の半額以下で性能は変わらなそうなので、失敗したなと思っていたのですが、次の瞬間に予約ボタンを押していました。。。(あぁ資金調達のためにヤフオクでガジェットコレクションを売却する日々が続きそうです。)

ちなみに総額は、送料込みで5万円弱でした。(内送料が8000円ほど)

今のところ予約がいっぱいらしく、自分が予約した時点で発送が2020年の2月になっていました。

スポンサーリンク

現在では、新規注文は2020年の6月の発送予定になっています。人気ですね。

追記:MINIにいくつかの改善点がみつかり発送が少し遅れるとのメールをもらいました。まだかなまだかな。

※私は11月5日に注文したのですが、発送予定は3月23日からになっておりました。注文から約4か月待ちですね。

さて、で肝心のOriginal Prusa i3 MK3Sとの比較になります。

  Original Prusa MINI Original Prusa i3 MK3S
最大印刷サイズ 18cm x 18cm x 18cm 25cm x 22cm x 22cm
レイヤー 0.05-0.35 mm 0.05-0.35 mm
最大速度 200+ mm/s 200+ mm/s
最大温度 280 °C / 100 °C 300 °C / 120 °C
エクストルーダー ボウデンシステム ダイレクトドライブ
LCD 2.8インチカラー液晶 モノクロ液晶
プリント面 マグネティックヒートベッド(フレキシブルプラットフォーム) マグネティックヒートベッド(フレキシブルプラットフォーム)
フィラメント径 1.75 mm 1.75 mm
サポート素材 PLA, PETG, ASA, ABS, Flex ナイロンとポリカーボネートを含む熱可塑性プラスティック
有線LAN接続 対応 ✕(Raspberry Pi経由)
Wi-Fi接続 △(option) ✕(Raspberry Pi経由)
センサー 3つの温度センサー 4つの温度センサー
キャリブレーション 自動オートレベリング 自動オートレベリング
マルチマテリアル対応 ✕(未対応) 〇(MMU2s)
フィラメントセンサー △(option) 対応
組み立て 半組み立て済み 組み立て
電源 160w 240w
本体サイズ(D x H x W) 38cm x 38cm x 33cm 55cm x 40cm x 50cm
価格 $349 $749

比較してよい方には色を塗っていますが、単純比較しても「Original Prusa MINI 」の方が後発の分、性能が良い点が多くあります。

マルチマテリアルやビルドボリュームの大きさが必要なければ、MINIで十分だと思います。

特にMK3Sに比べて半額以下の価格設定は、性能面で比較すると非常にコストパフォーマンスが高いです。

届き次第、「Original Prusa i3 MK3S」との比較も交えてレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク