スポットエアコン「どこでもクーラー」の強制排熱ダクトを自作して部屋を冷やしたい(前編)

スポンサーリンク

今年も暑い暑い夏の季節ですね。。。今回は夏の作業部屋の暑さ対策の記事になります。

3.5畳程度の広さの納戸を作業スペースとして利用しているのですが、いろいろな事情があり、エアコンが取り付けられません。

しかも、部屋の隅には、ミニサーバールームが設置してあり、常に50度以上の熱が発生しています。

それだけではなく、部屋には、はめ殺しの小窓しかなく、夏場になると室温が常時30度以上にもなり、長時間作業すると熱中症になりかねない危険な部屋になっています。。。

ってことで、何とか部屋を冷やそうといろいろと探した結果、扇風機の様に簡単に設置出来て、室温から最大-11度の冷風を吐き出すことができるコロナのスポットエアコン「どこでもクーラー」で改善できないかを考えました。

スポンサーリンク

同じようにエアコンが設置できない場所をエアコンのように冷やしたいと思う方のほとんどは、この「どこでもクーラー」などのスポットエアコンに行き着くのではないでしょうか?

候補に扇風機や冷風扇などもあるのですが、これらは、部屋を冷やすことはできないので、どうしても壁掛けエアコンと同じようなコンプレッサー方式でそれなりの価格で探すと「どこでもクーラー」が候補にあがるのではないでしょうか。

コロナの「どこでもクーラー」以外にもナカトミやハイセンスなどからも発売されています。

どこでもクーラーより消費電力で見ると強力っぽいです。

詳しくは、別記事でまとめましたのでご興味がある方はご覧ください。

ってことで、中古で型落ちの「コロナ どこでもクーラー CDM-1018」を購入しました。

で、早速、設置して使用してみたのですが、、、まーなんでしょうね。。。スポットエアコンって言うだけあって、吹き出し口の目の前だけであれば、確かに冷えます。

目の前であれば涼しい

しかし本体後方から吹き出す排熱がすごいので、部屋を閉め切ると逆に部屋の温度があがります。(購入する前の下調べで知ってはいたのですが、実際に使ってみて納得です。)

壁掛けのエアコンと仕組み自体は同じだと思いますが、スポットエアコンの場合は、本体に室外機も内臓さているので仕方がないですが。。

後ろの排熱口

この排熱を窓などから外に逃がせれば、もっと効率的に冷やすことができます。

実際、スポットエアコンの多くは、オプションなどで排熱用のダクトホースなどが販売されています。(どこでもクーラーにも標準で布製のダクトホースが付属します。)

ただ、そんな都合の良い排熱口は、使用する部屋にはないのでしばらく押入れの肥やしになっていました。。。が、

ある日ふと、壁を見ると、吸気口が目につきました。

吸気口

よーくみてみると、なんとカバーが外れるじゃないですか!。

カバーが外れる

吸気ができるのであれば、きっと排熱もできるはずと言うことで、この吸気口から排熱ができるようなダクトを自作することにしました。

ただ、ほかのブログでも排気ダクトを自作して、取り付けている方もいらっしゃるみたいで、排熱ダクトを取り付けてもあまり冷えないと言う記事もちらほら見かけます。

てことで、排熱ダクト内にファンを取り付けて強制的に熱を逃がす仕組みを取り入れてみようと思います。

早速、どこでもクーラーに取り付けるものと吸気口の用のダクトカバーをCADで設計して3Dプリンターで印刷をしました。

吸気口カバー
ファンカバー
印刷結果

印刷したファンカバーに90mmのPC用のファンと追加で購入した純正のダクトアダプターを取り付けます。

ファンカバー部分

これをどこでもクーラーの本体に取り付けます。

取り付けたところ

あとから気が付いたのですが、壁側のダクトカバーにファンを取り付けた方が、排熱の効率がよさそうだったのですが、設計ミスで本体側にファンを取り付けることになっています。。。(汗。

次に壁側にのカバーは、ネジ穴などがないので上下から挟み込んで固定する方法です。その時にプラスチック同士だと摩擦が少ないので、滑り止めシールを張って取れにくくします。

上下に滑り止めシールを貼る

あとは、下からネジで押さえつけて固定する作戦です。ダクトの重さに耐えられるか。。。

吸気口にカバー取り付け

取り付けたところです。もう一つの純正ダクトアダプターも取り付けます。思ったより強く固定されているので、大丈夫そうです。

必要なフレキホースとホースバンドは、Amazonで手ごろなものを購入しました。

フレキホースとホースバンド

あとは、このフレキホースを排熱カバーとファンカバーのダクトアダプターに接続すれば完成です。

フレキホースを接続したところ
吸気口カバー接続部分
本体ファンカバー接続部分

思ったよりも悪くないできかなと思いますが、フレキホースがピカピカして目立ちますね。。。

ちなみに使用しないときや冬場などは、接続しているフレキホースを外してコンパクトに収納可能でです。

コンパクト収納

最後に排熱ダクトを取り付けることでどのくらい室温が下がるか冷却能力を測定してみます。

測定条件は、広さ3.5畳、室温29度、湿度77%の状態で、冷風パワフルで運転した場合になります。

測定開始!!

結果発表!!

・・・・

・・・・・・

約20分後の結果ですが、全然冷えません。むしろ温度が上がっています(涙。。。

流石に湿度は下がっていますが。。。

サーモグラフィーで見たところ、エアコンの吹き出し口は確かに27度前後の冷たい空気が出ているのですが、開始直後でもフレキホースの接続部分が44度以上になっています。

原因としては、どこでもクーラーの排熱でアルミのフレキホースが高温になり、この熱が部屋を暖かくしているようです。排熱が全然間に合っていません。(悲しい。。

最終的に30分ほど動かしたのですが、室温は32度まで上昇してしまいました。

熱で変形

本体側のファンカバーも熱で変形してしまいました。

何も考えずにPLAで印刷したので、熱耐性が低いこともありますが、PLA自体が軟化するのが60度以上らしいので、ダクト内の温度がそれ以上に上昇していたと思われます。

今回の失敗を生かし、再挑戦した後編に続きます。

スポンサーリンク