Prusa i3 MMU2S 一体型コンパクトフィラメントバッファーを作成

スポンサーリンク

以前、Prusa i3 MK3Sで複数のフィラメントを同時印刷するMulti Material Upgrade Kit「MMU2S」を購入したですが、付属のフィラメントバッファーは、場所を取る上に取り扱いが難しいので、「MMU2S」 があまり活躍しておりませんでした。

そんなこんなで、しばらく使っていなかったのですが、たまたまYoutubeで見かけた海外ユーザーが作成したオリジナルのフィラメントバッファーがなかなか良さそうでした。

ただ、自作とはいえ商品として売られていて、安くはありませんでした。(STLデータだけでも日本円で5000円弱します)ので、自分で作ってみることにしました。(せっかくの3Dプリンターですもんね。)

ってことで、本体に取り付けられる一体型で、できる限りコンパクトなフィラメントバッファーを作れればと思っています。

(途中で失敗する可能性はありますが。。。)

スポンサーリンク

とりあえず、CADでそれっぽいものを作成してみます。

フィラメントバッファーイメージ

なんかライターっぽい感じのものになりました。。。意図はしてないのですが。。。

上部のカバーは開けることが可能になっていて、内部にはベアリングを軸としたプーリーを内蔵しています。このプーリーがフィラメントリールからのフィラメント送りをスムーズにさせることができるはずです。たぶん。。。

しかし、蓋を開けるとますますライターっぽいですね。。。

ただ、実際、これでちゃんとフィラメントがスムーズに送られるのかは未知数です。。。(汗

機械工学?とかの知識とかがあれば、ちゃんと考えられるのでしょうが、なにぶん素人がイメージだけで作るので、失敗しそうです。。。

上手く動作するようであれば、STLファイルを公開したいと思います。

早速、3Dプリンターで印刷をしてみます。下部のケースだけで印刷に24時間程かかりました。。。軽量化が今後の課題ですね。

下部パーツ

ひとまず、必要なパーツを印刷しましたが、余っているフィラメントを利用したので、色の統一性がないのはご愛嬌で。。ちなみにフィラメントの使用量は、約700gになります。

プリントパーツ

※事前にクイックフィッティングとベアリングをプリントパーツに埋め込んでおります。

プリントパーツ以外に必要な部品のリストになります。(ひとまず手元に余ってる部品を流用しています。)

1.PC4-M6クイックフィッティング10個
2.テフロンチューブ(外径4mm × 内径2mm )2m~
3.M3 40mm ボルト2本
4.M5 65mm ボルト1本
5.ベアリング 1050(外径10mm × 内径5mm)5個
6.滑り止めナット M51個
7.滑り止めナット M32個

あとは、ボルトで止めていくだけですので、組み立て自体は、数分でできる簡単仕様です。

組み立て後

精度も問題なく、ひとまず問題なく組みあがりました。

蓋を閉じたところ

テフロンチューブとフィラメントを通して動作チェックしましたが、きちんとプーリーが回転してスムーズにフィラメントの送り出しができました。

以下のリンクよりフィラメントバッファーのSTLファイルがダウンロード可能です。

https://www.mikan-partners.com/download/4511/

スポンサーリンク