機種変更時におサイフケータイのメモリを「未使用」に戻す方法

スポンサーリンク

はい。ついにこの時期がやってまりました。廉価版Pixelが発売されるためそちらに各種データの移行を行う時期です。

基本的にはデータ移行ツールによりデータ移行ができるのですが、NFC、Felica?おサイフケータイの移行には特に気を使っています。

※過去にいろいろ失敗したものですから・・・・

そのため何回やっても緊張します。今回はせっかくなのでどういった状況からどういった手続きを行うとメモリが「未使用」になるかメモを残すことにしました。

まず自分のおサイフケータイに表示されているサービスの一覧です

スポンサーリンク
  • モバイルpasmo
  • モバイルsuica
  • nanaco
  • iD(Googlepayで設定済み)
  • Quicpay(Googlepayで設定済み)
  • メルカリ(iDは未設定)
  • じぶん銀行

pasmo、suica、nanaco

これらは明らかに移行が必要なので、まずはそちらの移行を実施して様子を見てみましょう。

昔は違ったような記憶があるのですが、pasmoとsuicaの移行手順が簡単になってました。旧端末のおサイフケータイアプリからカード情報をサーバに預けて、新端末のおサイフケータイアプリからその情報を戻すだけで完了しました。なんか規格が統一されたのかな・・。

nanacoはモバイルnanacoアプリで旧端末から引き換え番号を発行し、新端末のnanacoアプリから引き継ぎを行う形式です。機種変更するとnanaco番号が変わってしまいますので、セブンカードやomni7サイトなどで受け取り設定している場合はそちらも変更する必要があります。ここ、注意ポイントです。

さっそくおサイフケータイからメモリ状況を確認したのですが、残念ながら「利用中」の表示のままです。これ以外にも削除が必要なのですね・・・。

iD

我が家では「かぞくのおさいふ」カードを導入し家計用の出費はこちらのカードを利用しているのですが、iDも使えるのでGooglepayでiD設定してます。次にこちらを解除してみます。

具体的にはGooglepayアプリでiDの設定画面を表示した後「この非接触決済を無効にする」を選択します。これで完了です。

またもやおサイフケータイからメモリ状況を確認したのですが、残念ながら「利用中」の表示のままです。あとはQuicpayかな・・・・。

Quicpay

ということで、つぎにこちらを削除してみます。こちらもGooglepayでquicpay設定しているカードを選択して「無効にする」を選択すれば削除可能です。

この後 おサイフケータイからメモリ状況を確認したところ・・・。やったー「未利用」に戻りました!!!

まだおサイフケータイアプリ上は「メルペイ」と「じぶん銀行」が表示されていたのですが、こちらは残っていても大丈夫そうでした。よかった。。

余談ですが、NFCロックがかかっている端末は買取に出せないため、もしNFCロックをかけている方がいらっしゃいましたらそちらも忘れずに解除するようにしましょう。

スポンサーリンク