小型でコンパクトなThunderbolt接続のeGPUボックスを自作してみる。

スポンサーリンク

以前の記事でThunderbolt4ポートにThunderbolt3対応のeGPUボックスを接続してのベンチマークテストの記事を書いたのですが、しばらく後に設置場所の面などで、使用していた外付けのeGPUボックス「Razer Core X Chroma」とグラフィックカードを手放してしまいました。

しばらくはノートPC内臓のGPUでも事足り生活だったのですが、夏も終わりに近づき涼しくなってくるとPCゲームをやりたくなってくるのと、最近では、画像生成AIがオープンソースで公開されたりと、強力なグラフィック性能が欲しくなってきました。(丁度、グラフィックカードの価格も下がってきましたし。)

ただ、前回みたいに市販のeGPUボックスは、デカすぎ重すぎで置き場所に困るため、悩んでおりました。

ってことで、以前より気になっていたThunderbolt3/4対応のGPUドックキットでコンパクトなeGPUボックスを自作してみようと思います。

あと、記事の後半でThunderbolt4で接続したeGPUボックスに搭載したグラフィックカードのベンチマークも合わせて掲載したいと思います。

スポンサーリンク

Upgraded TH3P4G3 Thunderbolt-compatible GPU Video Card Dock Laptop to External Graphic Card for Macbook Notebook PD 60W 40Gbps

購入したのは、上記の「TH3P4G3」と呼ばれるモデルです。

価格は、送料込みで2万円ほどになりますが、セールの時などを狙えば、数千円安く購入可能です。

キットと言ってもThunderboltでグラフィックカードを接続するGPUドック基盤と、電源固定用のアルミパーツだけになります。

ポート類は、PDポート・デイジーチェーンポート・USB 3.0ポートと、小型のわりに充実しています。

このキット以外にATXまたはSFX電源とグラフィックカードを用意すればいいだけです。(電源固定用のネジは別途用意する必要がありました。)

到着したTH3P4G3です。ちゃんとした箱に入っていて大きさもコンパクトです。

付属品は、GPUドック本体以外には、ATX電源用とSFX電源用のそれぞれのバックパネルブラケットと電源留め具・あとはペラのマニュアル・ドライバー・50cmのThunderbolt4ケーブルでした。

GPUドックは、

GPUドック表側
GPUドック裏側

作りなども特に粗い点もなく、品質は良さそうです。

今回自作するeGPUボックスは、可能な限りコンパクトにしたいので、SFX電源を使用します。

グラフィックカードも長さが短い「GeForce GTX 1060 AERO ITX 3G OCX」にしました。長さは178mmになります。

GeForce GTX 1060 AERO ITX 3G OC

AERO ITXシリーズであれば、カード長が短く、いろいろと種類があるのでお勧めです。

次に電源になります。

今回購入したeGPUドックは、ATX電源も搭載できますが、なるべくコンパクトにしたかったため電源は、フリマサイトで300wのSFX電源を2千円ほどで購入しました。

購入したSFX電源

組み立ては、eGPUドックに電源用のバックパネルを取り付けて電源を固定するだけです。

裏側です。eGPUドックと電源を接続します。安い電源なのでプラグインタイプの電源ではないので、ごちゃついていますが、仕方がないところです。

組み立て自体は、とても簡単ですので、5分ほどで完了します。

eGPUドックと電源の組み立てが完了したら、グラフィックカードを取り付けます。

ドックにビデオカードを取り付けたところ

グラフィックカードを短いタイプにしたせいもありますが、以前持っていたeGPUボックスのRazer Core X Chromaに比べて3分の1くらいの体積になりました。すごくコンパクトです。

組み立てが完了したら、ノートPCのTbunderbolt 4ポートとeGPUドックを付属のThunderboltケーブルで接続します。接続するだけで、特に何もせずにWindowsであればグラフィックカードが認識されます。

今回使用したOSは、Windows 11 Homeになります。

あとは、3D MARKでベンチマークを計測してみます。

内臓グラフィック(Iris Xe)の結果

比較用に内蔵グラフィックのベンチマーク結果です。

内臓グラフィックにしては良いほうですが、3Dゲームなどをするには厳しいスペックです。

eGPUドックを接続してノート側のモニターに出力した結果

次にeGPUボックスを接続して、ノート側のモニターで表示したときのベンチマーク結果になります。

グラフィックカードで処理した結果を再度、PC側に戻すのでパフォーマンスが悪くなりますが、内臓グラフィックに比べて、2倍以上のパフォーマンが出ています。

eGPUドックを接続してグラフィックカード側から外部モニターに出力した結果

最後にノート側のモニターには出力せずに、グラフィックカード側から外部モニターのみに出力した結果になります。一番ベンチマークが良くなる接続方法です。

内臓のモニターに出力するのに比べて約7%程のアップになりました。

eGPUボックスがキチンと動作することが確認できました。

市販のeGPUボックスは、せっかくのノートPCの取り回しの良さを帳消しにするほどに置き場所に困りますが、今回の購入したeGPUボックスは、短いグラフィックカードを選ぶなどすれば、かなりコンパクトにできます。

後日、よりハイスペックなRTX 3060のグラフィックカードで試したところ、

デバイスマネージャーで確認すると、「このデバイスが使用できる空きリソースが不足しています。(コード12)」となっており、eGPU側から出力することができませんでした。

利用しているOSはWindows 11になりますが、色々調べるとeGPU接続の場合に相性?が厳しいらしく上記の問題が発生するみたいです。

解決方法が無いかをインターネットで探したところ、Windowsのフォーラムで似たような報告がありました。

内臓グラフィックを無効にしてみると言うのがあったので、やってみたところ、無事、認識されました。

ただ、無効にするだけでは認識せずにケーブルを抜き差しといろいろとやってたら、なぜか認識しました。

ただかなり不安定で、再起動とかするとすぐに上記のコード12が発生してしまいます。。

認識しているうちにベンチマークを測定しました。

思ってより速度がでていないですね。。

相性の問題がeGPUには付きもののようですが、挑戦してみる価値はあるかもしれません。

スポンサーリンク