アクリル板を切りたいから、安い半導体レーザーカッターを買ってみる(本体購入編)

スポンサーリンク

寒さが一段と厳しいですが、みなさま、いかがお過ごしですか?

と、ちょっと語り掛け風に始めてみますが、アクセス数が日に数十件の弱小ブログなので、とっとと始めます。

趣味で、3Dプリンター(マイ3Dプリンターのidbox)を利用しているのですが、やっぱり、加工精度の面でいまいちな部分があります。積層痕とか、そりとか、気持ちとか。

よく、メイカーやDIYで作られてる方のパーツは、3Dで印刷したものも多いのですが、結構、アクリルパーツも使わているようです。(あとMDFって呼ばれる木材?集積材?)

自分もアクリル板を加工して、精度と見た目の良いパーツが作れたらいいなと思い、いろいろと調べました。(3Dプリンタを使っている方は、結構同じ考えの人が多いいのではないかと思います。)

スポンサーリンク

そもそも、アクリル板を切るためには、かなり高価なレーザーカッターなるものが必要になるそうです。

その中でもレーザー部分にCO2を使ったものとか、半導体を使ったものがあるのですが、どうやら、アクリル板を切断するためには、CO2のレーザーが必要みたいです。

半導体レーザーであれば、比較的手ごろに手に入るのですが、どんなに出力が大きくても透明のアクリル板に対しては、レーザーが通過(熱エネルギーにならない)してしまい、切断できないらしいです。

だからと言って趣味レベルにCO2レーザーなんて買えないし、(安いと言われているSMART DIYsのFABOOL Laser CO2で30万弱もする・・・)そもそもデカくて置き場所も無い。買ったら嫁にどんな罵声を浴びせられるか。。

半導体レーザーのFABOOL Laser Miniであれば、出力が1.6wで値段も6万円弱くらいで、大きさもそこそこで選択肢としては、ちょうどよかったのですが、、、残念。シクシク・・・。

5万円台のレーザー加工機・レーザーカッター FABOOL Laser Mini

FABOOL Laser Miniは、組立式デスクトップレーザーカッターです。5万円台と低価格ながら、「個人での趣味のモノ作り」から「企業でのプロトタイピング」まで幅広いニーズに答える加工が可能です。

「し・か・し!!」

半導体レーザーでも、黒色のアクリル板なら、複数回に分けてレーザーをあてれば、切断できるようです。これ朗報。マジ朗報。別に透明じゃなくていいもん。

でFABOOL Laser Miniを使ってアクリル板を切断するレビューを書かれています。

レーザーカッターFabool laser miniとアクリル -下敷きや2mm厚アクリルカットのお話-

5万円台の個人用レーザーカッター、Fabool laser miniでアクリルを切ってみたいと思います。 その前に、前回の懸念事項だった下敷きの件について。 段ボール下敷きを卒業しました!! 前回は他に敷くものがなく、危険ながらも段ボールを敷いておりましたが、ついに下敷きをゲットしました。 金属板かアクリル板かで迷って、アクリル板です。 …

Rippoutaiさんのレビューによると、2mm厚の黒アクリル板を切断するのに125回もレーザーをあてないといけないらしく、実際に切断をするには難しそうなイメージです。シクシク・・・。

「だが!し・か・し!!」

この切断回数については、レーザーの出力を上げれば、減らせそうです。

RippoutaiさんのFABOOL Laser Miniは、たぶん1.6wなので、最近発売されたFABOOL Laser Mini 3.5wであれば、半分の時間で切断できそうです。(SMART DIYsさんのサイトにも1.6wだと2mmまでで、3.5wだと4mmと記載があります。)

出力が高くなればその分だけ切断回数の問題を改善できそうですが、2倍になっても単純計算で60回強。。。しかも、3.5wモデルは、お値段10万円弱。うーん。10万あたりになってくると、キュット財布の紐が固くなります。シクシク・・・。(それでも安いんだと思いますが。)

「だが!だが!し・か・し!!」

半導体レーザーの出力が、「3.5wが限界なわけがない」ってどこかで聞いたような響きですが、探すとほかの商品で、6wのもがありました!

podea レーザー加工機 製品仕様

podea-01 レーザー加工機 の特徴と仕様をご紹介いたします。

6wもあれば、1.6wに比べて3.75倍!これなら単純計算で34回くらいで切断できます。(34回も普通に考えたら多い気がするのですが、仕方ない。)

これなら、、と思いましが、お値段、送料、税込みで大体19万円近い・・・。無理。ムリ。ぬるぽ。シクシク・・・。シクシク・・・。

「だが!だが!だが!し・か・し!!(涙)」

お値段が無理なら、もう国産はやめだ。外国産だ!。ってことで、マイブームのECサイトaliexpressで検索さ!中華品質とか言われてるけど、きっと大丈夫。そう、きっと大丈夫。

早速、aliexpressで「laser engraving machine(レーザー彫刻機です。)」検索すると、あります沢山。山ほどに、お値段も1万円~くらいからあります。うひょひょ。

しかも、半導体レーザーの出力も,、最大で15wとかあります。これでもお値段は、4万円くらいです。15wもあれば、夢が広がリングです。(同じモデルを複数の出品者が販売してるので、出てくる数ほどの種類はないです。サイズを除くと数種類くらいです。)

ただ、商品説明に15wは、平均で6~7wと記載してあります。つたない英語能力で間違ってるかもしれませんが、常時15wが出せるわけではなさそうです。よくわかんない。

とにかく、高出力は良いことだと思い込み、自分に合ったレーザーカッターを探しました。

条件としては、
・レーザー出力15w
・加工エリアがA4サイズ以上
・本体のサイズが、FABOOL Laser Miniと同等かそれ以下
この理由は、集塵編をご覧ください
・色はブラック(完全に好みです。)

です。

しかし、15wで探すと本体が大きくなってしまうか、A4サイズ未満の加工エリアのものしか見つかりませんでした。

仕方がないので、レーザーと本体を別に購入することにしました。(何も知らないのに別で買うのは不安MAXですが、妥協して後悔したくない。。。)
15wのモジュールがいくつか出品されていますが、よくわかりません。

違いがあるのは、モジュールサイズ・モジュールへの電源タイプ(ACアダプタ・PCの電源みたいなやつ)・焦点距離が固定か可変かくらいにまでは、わかりました。

結局、以下のレーザーモジュールを購入することにしました。

AliExpress.com Product – Free Shipping 450nm 15000mW 12V High Power TTL Adjustable Focus Blue Laser Module DIY Laser engraver accessories 15W laser head

決めた理由
・もちろん15w(草をはやしてるわけじゃないですよ。)
・なんかセールで安くなってるっぽい
・購入している人が多い&評価が高い
・焦点距離を調整できる
・電源がACアダプタ(写真では、日本のコンセントタイプ)
・別のサイトで、Laser Miniにこのモジュールに交換してるブログを見つけた(えぇそうですよ。)
・2018/1/27時点で、250.40ドル+送料1.26ドルの計251.66ドル
(日本円で28455円でした)
追記:今だと190ドル弱くらいで購入できます。(日本円にして2万円強)

次は、レーザーカッターへの個人的な懸念対策です。

あと、フレームも別に購入したのですが、出品者から嘘のトラッキングナンバーが通知されて、荷物が届かずじまい。。。「Open dispute」を行い、色々ありましたが、無事返金となりました。
仕方がないので、レーザーカッターを自作することにしました。

一応、購入(返金)したモノは以下になります。

購入したフレーム(レーザーの選択をno laserにして購入)

・ブラックアルミの3040モデルフレーム
・なんとなく作りがしっかりしてそう
(本体サイズ:40cm x 52cmで加工エリア:30cm x 40cm)
・レーザー無しモデルを購入したので、写真の付属品はどこまで付属するのかは、不明
・2018/1/27時点で、85.31ドル+送料40.66ドルの計125.97ドル
(日本円で14243円でした)

※ネットでも15wのレーザーカッターが売っています。加工エリアにこだわらないければ、これでもいいかもです。

スポンサーリンク